漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦 147話ネタバレ『謎に包まれた呪骸パンダと夜蛾の過去が明らかに!』

呪術廻戦

上層部の判断により、死罪判決をくだされた呪術高専東京校、夜蛾(やが)学長。
その過去が明らかになった。
そしてパンダの出生の秘密も…。

前回 今回 次回
146話 147話 148話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 147話 」

上層部により捉えられた夜蛾学長。その理由とは・・・

昔、夜蛾は呪力を自己補完できる完全自立型の呪骸パンダを生み出したことで一時拘束されていた。

上層部から危険視されることに。

本来、呪骸は術師から与えられたものを消費するはず。

それは生み出されるはずのないものである。

訪れた楽巖寺(現:京都高学長)に造り方を問いただされても知らないの一点張り。

さらに楽巖寺は上層部が夜蛾自身を
特級に認定し、無期限拘束を正式に下そうとしていることを明かした。

そう、上層部は夜蛾がそれを意図的に創ったとするならば、容易に自己完結型の呪骸軍隊を所持できるからだ。

それを聞いても尚、夜蛾は知らないことを貫いた。

呪骸たちとの最後の別れ

場面は現在に戻り、夜蛾と夜蛾が造り出した呪骸「タケル」との森での会話シーンへ。

元気がないと心配し、元気づけようとするタケル。

夜蛾がしばらく帰れないこと、長い出張へ行くことを伝えるのであった。

呪骸たちが暮らす森は天元様が守ってくれるから俺がいなくても大丈夫だと。
つまり、夜蛾は呪骸たちへ最後の別れを告げたのだ。

それを察したのか、呪骸たちが寂しそうに夜蛾を見つめていたのだった。

行方不明だったパンダの所在が判明。それを助けた日下部の夜蛾学長への恩とは・・・

そしてまたシーンは現代の日下部とパンダのところへ。

捕まっていたパンダを助ける東京高2年の担任「日下部」。

上層部によって、どうやら夜蛾を誘い出すためにパンダは捕まっていたようだ。

上層部に反しても良いのかとパンダは聞く。

日下部は夜蛾には恩があるのだというのだ。

過去へ戻り、森で若き日下部と車椅子に座った日下部の妹と夜画蛾の会話シーンへ。

日下部の妹は息子を亡くし、病んで車椅子状態になってしまったのだ。

すべてを失った表情の妹は何も発しず、俯いていた。

夜蛾は日下部の依頼で息子の「タケル」に似せた呪骸「タケル」を造り出していた。

呪骸「タケル」は妹をお母さんではないかと夜蛾に聞いたのだ。

その口調から妹は呪骸「タケル」から息子の面影を重ねると、車椅子から立ち上がって駆け寄った。

そして息子の名前を涙ながらに呼んだのであった。

過去が支えてくれないと生きていけなかった妹に立ち上がる1歩を与えたのだった。

完全自立型の呪骸を公にすることはできないと一緒にはいられないことを伝えるが、
それでも妹に光が見えたのは間違いなかったのだ。

肩を震わせながら感謝を伝える日下部であった。

夜蛾学長VS楽巖寺 そして夜蛾学長は息を引き取り、それを見たパンダは・・・

そして現代へ戻り夜蛾と上層部の使者とのシーンへ。

息子(パンダ)に会いにいこうと使者との戦いを始めようとする夜蛾。

しかし、使者は唯一助かる方法が完全自立型人工呪骸の製造方法を明かせば助かることを伝える。

夜蛾は伝える様子はないようだ。

楽巖寺が現れ、戦いに破れた血だらけの夜蛾。瀕死状態であった。

そんな状態であれだけ躊躇っていた完全自立型呪骸の製造方法を明かし始めた。

肉体の情報から魂の情報を複製すること、その情報を呪骸の核に入力すること。
そして相性の良い3つの魂を宿した核をひとつの呪骸にし、お互いの魂を常に観測させるのだと。

そうすることで魂が安定し、自我が芽生えるのだと、生後3ヶ月過ぎてから呪力の自己補完を始めるのだというのだ。全てを明かしたのだった。

何故今更話すのかと疑問を抱く楽巖寺に楽巖寺への呪いだと言い残し息を引き取ったのであった。

そこにパンダが現れ、戦うのかと思いきやパンダはすぐさま夜賀のもとへ。

戦う意志がないパンダだが、亡くなった夜蛾を見て泣き叫ぶのであった。

感想(まとめ)

パンダは完全自立型の呪骸であったという、ついに自我が芽生えている呪骸の謎が明らかになりましたね。

しかもそれは危険視されていたという…。
また夜蛾は謎なのは製造方法は上層部に明かさず、檻の中に拘束されていました。

夜蛾からすれば敵か味方かもわからない彼らに教えることはできなかったのでしょう。

その危険視された方法は、日下部の妹を助けたことも事実です。

製造方法を公にしてしまうとそれこそ如何様にもできてしまうから、呪骸を大切に思っていた夜蛾が身を挺して明かさなかったことも納得です。

夜蛾が息を引き取る直前に楽巖寺に製造方法を教えたことを呪いといっていますが、
呪いを言う名の夜蛾の願いだったのではないでしょうか。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)