漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦148話「葦を啣む」ネタバレ『禪院家VS真希 あの子に居場所をつくってあげたい…双子の絆』

呪術廻戦

死滅回游の平定に備え、呪具の回収をすべく禪院家へ戻った真希。
禅院家から目の敵にされようとも真希は闘う、双子の妹、真依のために。
双子しかわからない絆がある。

前回 今回 次回
147話 148話 149話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 148話 」

禅院家に戻る真希、そこに味方はいるだろうか…

そこには従兄弟の禅院直哉の姿があった。
呪術も使えない、呪術も使えない、取柄の顔もグズグズと真希を煽った。

直哉が真希を踏みつける回想シーンとともに昔みたいにイジメてやろうか、

禅院家の当主争いから完全に外れてとこれからどうするのかと質問攻めをする。

そんな直哉の問いを全て無視する真希であった。

シーンは呪具のある忌庫に向かうまでの地下へ。

そこには待っていたのは真希の母親であった。

忌庫へは立ち入りは自分たちには許されていないと戻ることを命じる母に、

当主からの承諾を得ていると鍵を見せる真希だった。

禅院家当主とは!?直毘人からの遺言通り伏黒恵に!?

病院での真希と伏黒恵の会話シーンへ。

真希は禪院家当主、死亡した禪院 直毘人からの遺言を伏黒に伝えた。

面倒くさいと拒否する伏黒。

すると真希は伏黒恵には当主になれば

禅院家全ての財産(金や呪具)と譲ること、御三家や総監部の情報を手に入れられること、そしてこれからの自分たちの立ち回りが大きく変わることなどのメリットを伝えた。

それでも嫌そうな伏黒は真希に譲ると言ったのだった。

すると真希は禅院家当主の条件、相伝の術式を継いでいること、

領域を会得していること、更に五条悟に目をかけられていた伏黒で

ギリ条件を満たしていることをややキレ気味に伝えた。

まだ自分ではダメ。自分だと双子の妹、真依の居場所を作ってやれないと…。

それを聞いた伏黒は覚悟を決めて、当主になることを承諾したのであった。

禅院家VS真希 腐った禅院家に真依のために立ち向かう…

母親と真希のシーンへと戻った。

戻りなさい‼と先ほどまで大人しかった母親が声を荒げた。

無視して通り過ぎる真希に、一度くらい産んでよかったと思わせてよ、と言い放つのだった。

そしてついに忌庫の扉が開いた。

そこにいたのは真希の父親であった。もうここには呪具はないという父親、

その後ろには倒れた真依の姿もあったのだった。

真依もまた真希のために呪具を持ち出そうとしていたのだ。

何故伏黒恵が当主に選ばれたのか、そして禅院家は伏黒恵を消す方向へ動き出す

禅院直哉と甚壱の会話シーンへ。

甚壱直哉よりは伏黒の方が幾分マシであると言った。

五条家と関係修復の契機として伏黒を後押しする声があり、

だが全財産を譲ることは納得ができないこと、しかし、伏黒は五条悟に加え、

加茂家次期当主、加茂憲紀とも有効な関係を築いている。つまり、理由もなく伏黒恵を消せば立場が悪くなるのは禅院家ということだ。

理由があればいい、総監部からの通達「五条悟を渋谷事変共同生犯とし、

呪術界から永久追放かつ封印も解く行為も罪と決定する」。

そう、つまり、正当な理由があれば伏黒恵を消しても良いということだ。

また真希、真依も同様に。

しかもその案は真希、真依の父親である禅院扇の発案だというのだ。

禅院VS父親 皮肉な親子対決

忌庫のシーンへ戻る

父親扇は秘伝「落下の情」を発動した。

纏った呪力により触れたものを迎撃ことのできるこの技は何を使うかわからない真希の呪具に対しての備えてもいる。

そして真希が出したのは呪具「竜骨」。

それはその刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し、使い手の意図に合わせて峰から噴出するのだ。

どうやら扇の攻撃を活かしてカウンターするようだ。

そして扇が何故自分が父親になれなかったのかを真希に問う。

子供を殺せるクソ野郎がからだと言い、闘いが始まった。扇は居合斬りを放った。

そしてその力を利用して真希は竜骨の呪力を噴出させ、扇の刀をへし折った。

真希がそのまま背後へ凄まじい一太刀を放つが、扇の一撃を受けたのだ。

折ったはずの刀身が!?と驚いた真希は正面から斬られていた。

刀身がもう生成されていたのであった。

そして、扇は自分が当主になれなかったのは子どもたちが出来損ないだからだと言い放つのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

禅院家が思っていた以上にクズでしたね。見事と言いたいくらい。
直哉が以前ズタボロに負けたのにも関わらず、あの偉そうな態度。クズさが強調されました。
また伏黒が当主についになりましたね。高校生で中々の決断です。
当人はすごく面倒くさそうでしたが。
父親である伏黒甚爾との約束がここで果たされるとは、父はどう思っているのでしょうか。
もう死んでいますが、また出てきそうで怖いです。
そして真希の母親と父親。
どんな過去があったのかまだ明かされてはいませんが、実の子供たちにひどすぎますよね。
本当に恨んでいるのかどうなのかも気になるところですが、
父親扇がバッサリ真希を斬るところは衝撃でした…。
あまりに腐りすぎている禅院家とどう闘っていくのか、金銀の展開が気になるところです。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)