漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦149話「葦を啣む -弐-」ネタバレ『真依が死亡し、覚醒した真希は立ち向かう』

呪術廻戦

父親である禅院扇の死闘の果てに敗れた禅院真希。
瀕死の真希と真依が連れて行かれたのは…恐ろしい場所だった。
双子の絆、ここに完結。

前回 今回 次回
148話 149話 150話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 149話 」

腐りすぎた父親

真希と真依のことを出来損ないと言いながら、血だらけの2人を引きずる扇。

当主であった兄には遅れをとったことなどなく、自分が当主になれなかったのは子どもたちのせいだと強調する。

そして投げ入れられた場所は、2級以下の呪霊を無数に扱っているという「訓練と懲罰に使われる部屋」。部屋中からおぞましい呪霊の声が聞こえる。

真希の「天与呪縛」で手に入れた高い身体能力。その呪力のなく、呪いを見ることもできない力をなんの意味もない、「さらば我が人生の汚点」を言い残して立ち去った。

アンタはワタシで、ワタシはアンタ

出典:芥見下々「呪術廻戦 149話 」

意識があるのは真依だった。真希の胸に手をあてて音を確かめる。

「いつかこうなるんじゃないかって思ってた」と真依が真希に口づけをした。

真希が目覚めると、真依が構築術式で創り出した海辺にいた。

真依は「これ作ったら、私死ぬから」と海の中へと入っていく。

状況が掴めない真希に、真依はたんたんと双子が何故呪詛師にとって凶兆なのかを説明する。一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされてしまう。真希がどれだけ努力しても 同じ能力であるはずの禪院甚爾並の強さは手に入らない、双子である限り。

必死に止めようとする真希だが、真依の決意は固かった。全部壊して、お姉ちゃん、と幼い頃の真依が笑っているのであった。

真依死亡、それと引き換えに手に入れたもの

シーンは現実の世界に戻る。

「真依。」と名前を呼び、無理やり瞼をあげる真希。しかし、真依はビクともしない。真依は死んだのだった。それが分かっても尚、起きて、というのだった。

その瞬間、扇は凄まじい何かを感じた。

一瞬で消えた呪霊の消滅反応と共に感じた、凄まじい恐怖だ。

忘れるよう努めたが、体が忘れることのできなったあの恐怖。

そして扇の見る先に、蒸気の中から現れたのは真希であった。

真希は禪院甚爾並の強さを手に入れた

現れた真希と忘れることのできない禪院甚爾の姿が重なって見えた。

即座に術式を解放する扇。「いいだろう!今一度この手で骨の髄まで焼き尽くしてくれる!来い!出来損ない!」と叫んだ。その瞬間、扇の頭部が真希の手によって真っ二つになっていた。まさに圧倒的な強さである。

「真依、始めるよ」とつぶやいたのであった。

すべてを失い、手に入れた力。復讐が始めるのであった。

今回のネタバレ感想まとめ

父親腐りすぎてましたね、禪院甚爾がマシに見えるくらいです。自分の出世も子供のせいにするなど言語道断。
そして、真依の決断で我が身を捨てて真希に力を与えました。双子とは2人にしかわからない家族以上の何かがあるのでしょうか。
真依の構築術式はそこまで強大ではないため、あれほどの大きさの空間を創り出したのは、前々から準備されたとしか思えませんね。双子の絆…、登場したときはあんなにいがみ合って見えたのに、実はこんなに想い合っていたと思うと、感動します。
本来の天与呪縛の力を持った真希は、禪院甚爾のような本当に恐ろしいオーラを放っていました。一太刀で父親の頭を真っ二つに。まだまだ膿は出てきそうですので、真依と真希のぶっ壊し計画が開始ですね。今後の展開が楽しみです。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)