漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦146話「死滅回游について」ネタバレ『天元と共に整理していく!』

呪術廻戦

週刊少年ジャンプ2021年22号(4月19日発売)第146話
ついに姿を現した天元。彼(?)に死滅回游についての詳細を尋ねる。
そして五条悟の封印を解くことができるのが、泳者(プレイヤー)の中にいるというのだ。

前回 今回 次回
145話 146話 147話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 146話 」

天使の居場所

術式を消滅させることができるものがいる。

「天使」という者ならば、その術式で五条悟の復活を可能にすることができると天元はいう。

そして彼は今、東京の東側の結界(コロニー)にいるらしい。

そもそも全国には10の結界があって、それが日本の人間と彼岸へと渡す境界を結ぶ結界と繋がっているのだ。

死滅回游の目的は日本にいる人間全員に呪いをかけて同化の前準備をしているのだと天元はいう。

儀式が終わるまでは二ヶ月もあれば済むとのことだ。

死滅回游のルール

「1.泳者は術式覚醒後、十九日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓しなければならない。」

「2.前項に違反した泳者からは術式を剥奪する。」ルールの再確認とそのルールによって何が起こるのかを改めて考える。

天元の話を聞いていた伏黒恵は参加拒否すれば、死ぬ可能性があることを確認する。そして天元はその可能性はあると応えた。

以前に同じく死滅回游のルールを聞いた家入硝子は術式の剥奪=死ということを示唆する。

そのことを思い出した禅院真希は硝子の読み通りであったことのだ。

それはつまり、真希のような術式を持たない術師はノーリスクである。

「3.非泳者は結界に侵入した時点で泳者となり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做す。」
このルールに虎杖悠仁が始めから中にいる一般人はどうなるのかと疑問を抱く。それに対し、天元は「少なくとも一度は外に出る機会を与えされる、がしかし、プレイヤーに始めから「結界からでる」という明確な目的を与え、回游を活性化させる狙いだろう」という。

「4.泳者は他泳者の生命を絶つことで点を得る。」

「5.点とは管理者によって泳者の生命を懸けられた価値を消し、原則術師5点、非術師に1点とする。」

5のルールから管理者が気にかかる伏黒。それは各泳者に1体ずつ憑く式神「コガネ」である。だが、それは悪魔で窓口であり、管理者そのものはプログラムを思った方がいいとのことだ。

死滅回游の追加ルール

「6.泳者は自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで管理者と交渉し、死滅回游に総則を1つ追加できる。」九十九由基がすでにあるルールを消すことがなしと判断。虎杖は難しい話に頭がついていけないようだ。

「7.管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。」ルールの追加の判断は呪術的にこれ以上利益が偏ることはないそうだ。

「8.参加または天取得後、十九日以内に得点の変動が見られない場合、その泳者から術式を剥奪する。」それを聞き、また人を殺さないとけないのか、と暗い表情を見せる虎杖。しかし、伏黒にはいくつかの考えがあるらしい。

役割分担

ルールの情報は整理できたところで、それぞれの役割を決めることになった。

九十九と脹相は天元の護衛、真希は戦いに備え、禅院家に戻り呪具の回収する。真希はサラッと伏黒が禅院家の当主になったことを皆に報告する。伏黒が当主になったことで忌庫への出入りが自由になったという。

そして乙骨憂太は早速、結界に入って回游に参加し、事前に情報収集するという。伏黒・虎杖は予定通り停学中の3年生、秤金次のもとへ向かうことになった。秤は乙骨曰く、「ノッてる時は僕より強いよ」とのことだ。

そして虎杖と脹相が一旦別れることとなり、ありがとうとお礼をいう虎杖。死ぬなよ。と2人だけの別れをいう。

新たな泳者

出典:芥見下々「呪術廻戦 146話 」

シーンはお笑いライブの舞台へ。

観客がつまらなそうにある男を見る。高羽といわれるその男性は舞台終わりに先輩芸人に怒鳴り散らされていた。

またケンさんと呼ばれる芸人にもフォローされるが、「このまま売れ続けるやつはずっとおもろい奴とずっと自分のことをおもろいを勘違いできる奴や」という問いにハッとする。

なにかに取り憑かれたような表情で「本当は七三くらいか・・・」とつぶやくのだった。その男の名は高羽史彦。

今回のネタバレ感想まとめ

死滅回游のルールが難しいのでわたしも虎杖同様ついていけない部分がありましたね。しかし、五条悟を助けるためには死滅回游には参加必須でその中の「天使」に接触しなければならない。五条悟がいないこの現状は、人間側にとって不利ではないでしょうか。でも、天元様にも会えて整理できたことですし、それぞれ準備、そして役割を決めて動き始めましたね。それにしても、伏黒当主に・・・あんな若さで。似合いすぎますね。真希ちゃんはよかったのかな。まあ打倒な判断ってとこでしょうか。個人的には伏黒はこれからももっと活躍してくれるキャラだと思っているので、当主という箔が付いてとてもうれしいです。今後の展開が楽しみですね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)