漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦151話 ネタバレ『直哉の過去が明らかに。』

呪術廻戦

週刊少年ジャンプ2021号27号(6月7日発売)の『呪術廻戦』第151話
禅院直哉の過去が明らかに。

彼が憧れていたものそれこそが禅院甚爾の強さであった。

それと同等の強さになった禅院真希との戦いが始まるのであった。

前回 今回 次回
150話 151話 152話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 151話 」

何も持たざるもの

全て与えられていた、幼き頃の禅院直哉。

そんなとき、禅院家に落ちこぼれがいるという話を聞いた。

男のくせに呪力が一ミリもないやつだと。

直哉はそんななにも持たない惨めなやつの顔を拝みにでもいこうと、駆け足で向かう。

そこにいたのは、何ももたざるもの禅院甚爾であった。

その甚爾の顔を見た直哉は恐ろしさのあまりに驚愕するのであった…。

禅院真希VS禅院直哉

戦闘シーンへと戻る。

直哉は投射呪法を駆使して、真希に凄まじい速い攻撃をしかける。

しかし、それを避け、頭の中でなにやら数を数えている真希。

「オマエは甚爾やない」とさらに真希へ投射呪法をしかける。

あまりの威力に建物がさらに破壊されていく。

そして直哉が重い蹴りをいれる。

さらに、さらに、さらに連続で攻撃する直哉。

気づけば、真希は地面にめり込んでいた。

そんな中でも尚、「6、7、8…」と数を数えている真希。

そして直哉は「雑魚の罪は強さを知らんこと、誰も甚爾君を理解してへんかった、多分悟君を除いて」と真希をぶん投げる。

直哉の願い

投射呪法で攻撃を続けながら、直哉は強く思う。

アッチ側(甚爾と五条悟に立つんは俺や!」と。

あまりの気迫に危機感を感じた真希。

投射呪法は絶えず術式を重ねれば重ねるほどに速度があがっていくのだ。

そして絶えまなく術式を重ねた直哉の力と速さは最高速度に。

不知火型

真希は攻撃のため集中し始める。

真依の命と引換えに得た呪力の力から脱却した鋼の身体。

しかし、扇戦での負傷出血、炳との連戦。

既に亜音速を超えている直哉に対し、長期戦は不利と判断した。

真っ向勝負に躍り出る。

「抱いてやるよ」と真希が不敵な笑みを浮かべながら、攻撃をしようとした瞬間、真希の腕に直哉が触れた。

投射呪法発動の拳に触れたものも1/24秒で動きを作らねばならない、それに失敗すると1秒フリーズする。

しかし、直哉は依然としてトップスピードを維持。

そしてその勢いのまま、真希の背後に回りとどめを刺そうとする。

すると、真希の振り返り先行して攻撃をしようとする。

この速さについてこれつはずがないと驚く直哉に「24回だろ、1秒に24回動きを刻んでいた、この体になってようやく見えたよ」と動きが見えていたようだ。

そしてそのまま、素手で直哉を殴りつけた。

最後に直哉が「にせもっ」と言いかけていたが、もうそれを真希が聞くことはなかった。

今回のネタバレ感想まとめ

真希ちゃん最強すぎましたね。

とにかく身体がバッキバキ。

この作品の良いところは女性キャラが圧倒的にかっこいいことですね。

惚れてまうやろー、状態でした。

そして何より衝撃だったのが、直哉さん。

甚爾のこと憧れている?真希ちゃんが察して「抱いてやるよ」を言ったということは純愛的な感じなのでしょうか。

男同士ですけども!週刊少年ジャンプさん、新しい境地を開きましたか?イラッとするキャラだった直哉の過去の可愛らしい姿を見て、なんだか少しイラ度が減りました。

あんな可愛かったのにひねくれすぎましたよね。

圧倒的に強い甚爾と五条悟の存在を知ってグレたんでしょう。

総じて直哉は可愛いですね。

おそらく真希に殺されてしまいましたが。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)