漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦152話 ネタバレ『全滅する禅院家!』

呪術廻戦

週間少年ジャンプ2021年28号第152話(2021年6月14日発売)
死闘の末、禅院直哉をも一撃の元に倒した禅院真希。
禅院家は一体どうなってしまうのか。
母との絆が。
そして真希はもう誰にも止められない。

前回 今回 次回
151話 152話 153話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 152話 」

母を殺す真希

真希の母が恐怖のあまり声を荒げる。

そして真希は最後に聞いて欲しいのか「お願い、聞いて」と母にいうが母は恐怖に聞いていない。

そして徐々に近づいていく真希。

「あの時なんで戻れって言ったの?」と真希は問う。

母は少し考えたが覚えていない様子。

その様子を見て真希は母を刺すのだった。

そして直哉はまだ息の根があったようだ。

まだなんとかして真希を殺そうとしていた。

這いつくばりながら。

すると刺されたはずの母が直哉を背後から刺すのだった。

直哉は呪力がもう練れないことを悟り、「ドブカスがぁ!!」と叫ぶのだった。

母は最後に「産んでよかった」という言葉を残して。

幼き頃の娘たちと遊んだ花畑での姿を思い浮かべながら。

真希のこれから

そして真希は真依を抱えて禅院家を去ったのであった。

そして西宮桃がそこに駆けつける。

「真依ちゃん!!」と駆け寄り、真依が死んでいることを確認すると、堪えられず涙を流すのだった。

「後、頼む」と真依を桃に託すのだった。

「これからどうするの」と桃の問いに真希は答えずただ真っ直ぐ前を見ていたのであった。

禅院家のその後

そしてその後、禅院家に不在であった計27名も間もなく真希の手によって非業の死を遂げる。

現場に残穢は確認されず、遺体の傷口からは凶器の呪具のものをみられる呪力が微かに検出された。

後日、五条家および加茂家から呪術総監部に対し、禅院家の御三家除名が提議され、保留となっている。

こうして禅院家は幕を閉じたのであった。

今回のネタバレ感想まとめ

え、これってほんとうにジャンプですよね?というぐらい真希ちゃんが恐ろしかったです。

さすがに母親には少し躊躇したのか質問を問いますが、覚えておらず斬られてしまったようです。

ですが、殺したのかと思いましたが次の描写で母がまだ生きていて地を流しながらも直哉を背後から刺したのを見て殺しきれなかったのでしょうか。

もうその真希の真意はもうわかりませんが。

もはや真希は味方?とも言い切れないような恐ろしさなので感情が表情から読み取れませんでしたね。

すべては妹真依のためにということでしょうか。

そして真希はまた不在の禅院家のものをすべて皆殺しに。

残虐者でしたね。

家族とはなんなのでしょうかと考えさせられる回でした。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)