漫画ネタバレタイムス 「呪術廻戦」のネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

呪術廻戦156話 ネタバレ『きらきら星』

呪術廻戦

週間少年ジャンプ第39号(2021年8月30日発売)第156話
綺羅羅の術式は星座、そしてモチーフは南十字と見抜く伏黒。
手がかりを見つけ、綺羅羅への反撃を開始するのだった。

前回 今回 次回
155話 156話 157話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:芥見下々「呪術廻戦 156話 」

綺羅羅の術式のタネ

大量に「脱兎」で大量にうさぎを出した伏黒。

その術式の意図がわからない綺羅羅は困惑。

そしてそのうさぎは溶け出し、破裂したのだった。

どうやらモニタールームまで行こうとしていたようだ。

そして伏黒は綺羅羅の術式について気づく。

体のどこかに★マークがついていないか確認させる。

するとパンダにはお尻部分に「Imai★」をついていた。

そして伏黒の腹部にも「★Acrux」をいう文字があったのだ。

おそらく玉犬にもあると予想する伏黒。

そしてそこから綺羅羅の術式のタネについて気づく。

この術式のタネは「星座」のようだ。

パンダが「星座?」と聞き返すも綺羅羅はそれぐらいまでなら気づくやつはいると問題ない様子。

伏黒は続けて話す。

「モチーフの星座は南十字」と伏黒が言った瞬間、綺羅羅の表情が変わった。

そしてその表情を見て伏黒もまじかという表情。

当てずっぽだったようだ。

しかし、綺羅羅の表情で確信に変わった。

星は5つ

南十字というのがわかったものの、それ以上の情報はなにもまだわかっていない伏黒。

パンダに話しながら整理していく。

綺羅羅の術式はっそれぞれ南十字の星を割り振り、適当な距離を取らせるものだと思っていたが、綺羅羅は扉に近づける。

ということは術式はスタンプラリーのようなものでそれぞれ近づける順番があるようだ。

術士本人も術式の対象者である。

そして今綺羅羅はなにかしらの条件を満たして自分の目の届かないところで部屋に侵入されることを警戒しているようだと推測する。

そこからの結論として星は5つ以上あり、そこを経由しなければ綺羅羅には近づくことはできない。

その5つ目の星を探すことに。

そのとき、綺羅羅がものすごい勢い車を破壊。

その車には「Imai★」の文字が。

問題ないと言い張るが、吹き飛ばした車は磁石のようにパンダに戻ってくる。

伏黒の反撃

★をつけるためには対象に触れる、触れられたのは玉犬のみ。

つまり、綺羅羅はものではなく呪力に★をつけているのだ。

扉や車につけるには予め誰かしらの呪力を込めればよいのあえお予測。

そしてパンダを見て確信する。

そして5つ目の★の残穢を探す。

すると車止めに5つ目の★が。

それを触れれば綺羅羅に近づけると思った瞬間、車止めが綺羅羅の手によってあと一歩のところで破壊された。

しかし、その伏黒の仮設は正しかったといえる。

綺羅羅の術式「星間飛行」は南十字をモチーフに5つ目の★を対象に呪力を割り振り、★が別の★荷接近するには定められた順序を守る。

順序とは星座の奥行きである。

そして綺羅羅は伏黒に感心する。

そして自分の術式を明かす。

綺羅羅の呪力についた★、ギナンをはずして伏黒を同じアクナックスをつければいいと。

その瞬間、玉犬が出現。

綺羅羅に襲いかかる。

動揺する綺羅羅。

玉犬を一度も解除していなかった伏黒は同じ★同士、どちらかが引かれることを見破り、伏黒を式神の間に壁を挟み、引き寄せられる式神を壁にくっつけていた。

そして綺羅羅が線上に立ったら、玉犬を放った。

そして伏黒は星間飛行を解除して綺羅羅を制圧したのだった。

今回のネタバレ感想まとめ

本日は伏黒の頭脳勝ちというところですかね。解説がないと全然ついていけなかったですが。
「モチーフの星座は南十字」ということなのでたしかに見た目からもちょっとそんな感じはありましたね。かわいいです。
でも5つ★で順序があるとは中々難しい設定ですね。術式がどれだけ強くでも同じく頭がないと気づけないですよね。
それにしても伏黒がたくましくなったこと。術式もですけど、冷静さというか頭のキレに磨きがかかったような。
みんな色々な経験を経て成長していくのですね。パンダ先輩も。
新しいキャラが出てきてくれるのも嬉しいですが、まだ生死不明の仲間たちのこともとても気になるところですね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)